6次産業化なら

こんばんは

水戸市の中小企業診断士 社会保険労務士 はたけやま事務所の畠山佳樹です。

今日はお彼岸の入りでしたね。

天気も良かったので、お墓参りに行く前に、田んぼをトラクターで耕しに行きました。

本来はもっと早い時期にやりたかったのですが、事務所の開業があったため、今になってしまいました…

真っ赤な田舎のポルシェこと、愛車のクボ○のトラクターにまたがり、農道を疾走し、ほどなく田んぼに到着。

先に到着していた母親と子供2人が畔周りで作業をしていました。2人ともばあちゃんの手伝いを頑張っていました。(まあ、下の息子はすぐに駆け回って遊んでいましたが…)

花粉と土埃で花粉症のわたしには辛い状況でしたが、2時間半ほどで2回耕運して終了しました。

きれいに均された田んぼは、なかなか見ていて気持ちが良いものです。そして周りを遮る物のない広々とした田んぼに居ると、なんだか開放的な気分になります。

いつも、松山千春さんの「はて〜しない〜大空と〜」がどこからともなく聞こえてくる感じです 笑

小さいながらも、自分の田んぼを持つ中小企業診断士 社会保険労務士はあんまりいないかもしれません!?

農業の6次産業化(※)などのお話があれば、農家の気持ちのわかる畠山までご相談くださいませ!笑

(※)農林漁業の6次産業化とは、1次産業としての農林漁業と、2次産業としての製造業、3次産業としての小売業等の事業との総合的かつ一体的な推進を図り、農山漁村の豊かな地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す取組です。(農林水産省HPより)

余談ですが、6の由来は1+2+3=6とも、1×2×3=6とも言われています。

それではまた明日♬