厚生労働省ユースエール認定

おはようございます。
水戸市で開業する中小企業診断士社会保険労務士はたけやま事務所 畠山佳樹です。

最近、何時に寝ても、5時ごろ目が覚めます。
元々、朝型タイプなので、良い感じです。
体が夏仕様になってきているんでしょうか?

べ、べ、べつに、年を取ったわけじゃないですよ!(笑)


さて、今日は、お客様から問い合わせをいただいた「ユースエール認定制度」についてご紹介です。

ユースエール認定制度

○「ユースエール認定制度」とは、若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業(常時雇用する労働者が300人以下)を若者雇用促進法に基づき厚生労働大臣が認定するものです。

「それを取るとどんな特典があるの?」というところだと思いますが、一番わかりやすい特典としては、キャリアアップ助成金での加算が受けられる点でしょうか。

キャリアアップ助成金(有期⇒正社員化コース)の場合、認定企業が35歳未満の有期契約労働者などを正規雇用などへ転換する場合、1人当たり最大72万円のところ、12万円を加算し84万円が支給されます。

ただ、労働局に確認したところ、認定されるまでに数か月(!!)かかるそうです。

支給申請するまでに、ユースエール認定が完了していないと加算されませんので、要件に該当されている場合は早めの申請が必要です。
(詳細は厚労省パンフレット参照)

生産性要件とは

ちなみに、通常のキャリアアップ助成金は57万円ですが、上記の15万円加算されて72万円になるケースは「生産性要件」に該当した場合です。

生産性要件に該当するためには、次を満たす必要があります。

○助成金の支給申請を行う直近の会計年度における「生産性」が、
・その3年度前に比べて6%以上伸びていること  または、
・その3年度前に比べて1%以上(6%未満)伸びていることに加え、金融機関から一定の「事業性評価」を得ていることです。

先ほどの、ユースエール認定のような事前申請は必要ありません。(事業性評価を金融機関から受ける場合は除く)

業績が向上している事業所様におかれましては、ぜひ取り組みましょう!(そうでないと、もったいないです)

(詳細は、厚労省パンフレット参照)

ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

ご参考になれば幸いです。