仕事の依頼は

こんばんは

水戸市で開業する中小企業診断士社会保険労務士はたけやま事務所 畠山佳樹です。

今日は反省した話です。

金曜日の夕方、お世話になっている方から電話があり、社労士としてのお客様をご紹介頂きました。その夜、会社経営の方から自社の内部体制についてのお悩みを直接ご相談頂き、社労士としてのお仕事をさせていただくことになりました。

仕事を頂けるのはありがたいなあ!なんて思っていたら、普段から大変お世話になっている先生から、準備に時間のかかる仕事で、さらに私が未経験の仕事を声かけしていただきました。

その時の私は、5日間研修で仕事が滞っていた上に、新しい仕事も頂きましたので、その未経験の仕事を受けるのは正直厳しいと思い、他の先生をご紹介させていただくのがベストだと考えてそのように返答しました。

私が焦ってやるよりも、経験豊富な先輩にお願いした方が、お客様のためになると思ったのもありますし、私自身がきちんとやれるか不安だったのもありました。

すると先生は、「自分の成長のためには背伸びしなくてはいけないよ。私のところには仕事の依頼がひっきりなしに来るから、平均睡眠時間は4時間で、休日もなく仕事をしているよ。それを早く楽しめるようになりなさい。」と仰いました。

本当にすみません。反省‥

そう言えば、別の士業の先生も、「若いうちの返事は、「はい」か「YES」か「喜んで!」の3つしかないからな」と言われていたことを思い出しました。反省‥

でも、先生、凄すぎます。

この差は、才能なのか、経験なのか、努力なのか、環境なのか‥

山の頂上付近にいる先生と、まだ1.2合目あたりを「ゼェゼェ」言いながら登り始めた私の差なのか。

果たして、私はその境地に達することができるのか‥

筑波山(877m)にしか登ったことがない私が、いきなり3000メートル級の山に登ろうとしているのか??

ひとまず、周りが見渡せるところまでは頑張って登り続けたいと思います。

それではまた!