講師

おはようございます
水戸市で開業する中小企業診断士社会保険労務士はたけやま事務所 畠山佳樹です。

昨日の朝は、大阪で大規模な地震が発生しました。
被害の全容は明らかになっていませんが、多くの方の無事を祈るばかりです。
また、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。


さて、昨日は、公益社団法人 全国労働基準関係団体連合会様主催の「外国人技能実習制度 関係者養成講習」において、講師を務めさせていただきました。

外国人技能実習制度については、あまり詳しくご存知の方は少ないように思います。

外国人技能実習制度は、単なる労働力の受け入れではなくて、実習生の本国では習得困難な日本の技能等を、実習生を関係法令等で保護しながら教え、国際的な人材育成を図ることを目的としています。

ただ、残念ながら、いままではその目的に合致しない例が散見されているのが事実かもしれません。

例えば、日本人と同等の仕事をする以上、賃金も同等のはずですが、不当に低い賃金に抑えられていたり、
実習生の自由を不当に制限するなど、問題が散見されます。

このため、昨年11月から新制度がスタートし、あるべき外国人技能実習制度の実現に向けて、各種施策が遂行されています。

その関係で、私も微力ながら、講師としてその一端を担わせていただいているのですが、
資料は教科書通り、時間もピッタリに進行しなければならず、オリジナリティは極力排して進めております。

人様の前でお話をする際には、すこし笑いも取り入れたいと思ってしまうのですが、
こちらの講習では、真面目一辺倒でやらせていただきました。

そのとき、ご紹介したのですが、Google翻訳はお使いになったことありますか?

スマホで使える無料のアプリが、ドラえもんに出てくる「翻訳コンニャク」が現実になったなぁ!と感じるほど、スラスラと翻訳してくれます!

通訳の方は、大きな事業所さんでないと雇えませんから、使ってみることをお勧めしました!

今後とも、講習に参加された皆様に、しっかりとご理解いただけるように、引き続き、精進してまいりたいと思います。

それではまた!