社会保険適用拡大へ

こんにちは

水戸市で開業する中小企業診断士社会保険労務士はたけやま事務所 畠山佳樹です。

夕方、事務所に戻ったら、部屋のドアに名刺が挟んでありました。

見てみると、日曜日の水戸市議会議員選挙で連続トップ当選をなさった市議会議員の先生でした!

わざわざ手書きのメッセージまでつけていただいて大変恐縮です!

やはりトップ当選をされる方は受かった後の行動と言うのはすばらしいですね。

私も仕事は違いますが、無形のサービスでお客様からお金をいただいている身としては、非常に勉強になりますし、実につまされる話であります。

私もお客さんの対応をしっかりしなくてはいけないと心を新たにいたしました。

今度、私に会った時に、以前と変わらない様子に感じるかもしれませんが、内面は大きく変わっているはずですので、その点はお含みおきくださいますようよろしくお願い致します!笑


さて、ここ数日、新聞でも大きく取り上げています、厚生年金受給開始年齢を70歳超へ遅らせる件ですが、私としてはそれ以外のこともとても気になっています。

自民党厚生労働部会は、小泉進次郎厚労部会長らがつくった社会保障改革の提言を了承した。

正規・非正規を問わず企業で働く人すべてが社会保険に加入する「勤労者皆社会保険」を提唱。

党内手続きを経て、政府の骨太の方針への反映を目指す。

とのこと!

この、企業で働く人全てが社会保険に加入する、つまり、社会保険の適用拡大ですが、少子高齢化の今、担い手を増やすためにも、社会保険のセーフティネットを全員に享受していただくためにも、避けて通れない流れだと思います。

そして、私達社会保険労務士からすると、ビジネスチャンスの拡大も意味しておりまして、そちらの面でも、有難い話でもあります。要は、業界のパイが拡大するということを意味しています。

8月の社労士試験はまだ申し込み可能だと思いますので、皆様も受験されてみてはいかがでしょうか!?

個人的には、これから資格を取るならイチオシは社労士だと思います!

それでは!