平成最後の日

こんばんは
水戸市で開業する中小企業診断士社会保険労務士はたけやま事務所 畠山佳樹です。

(画像と本文は関係ありません)

とうとう、平成最後の日がやってまいりました!

SNSでは「 平成最後の 」というワードが飛び交っています!

そんな中、私は今日の一日は、事務所で仕事をしていました。 平成最後の仕事です 。

途中、GWにもかかわらず出勤してくれた事務所スタッフ、通称パパイヤさんと、近所のとんこつラーメン屋に行きまして、 平成最後のとんこつラーメンをいただきました。

その他は、茨城県立図書館にいきまして、今度のPTA総会で大ホールを借りるため、 平成最後の打ち合わせを行いました。

その後は、事務所に戻りまして、20時まで平成最後の仕事をして、帰路につきました。

そして平成も残り1時間となった時点で、 Youtubeにて、「平成ヒットソングメドレー」聞きながら、平成最後のブログを書いている次第です・・・

って、もうしつこいですね(笑)

しつ令和いたしました。

じゃなくて、失礼いたしました

って、もうしつこいですね(笑)


さて、令和はどんな時代になるでしょうか?

紛れもなく、「人」の重要性が益々高まる時代になるでしょう。

少子高齢化による生産年齢人口の減少による物理的な人材の希少性はもちろん、各種法規制による働く労働者の権利擁護、働き方の多様性など、経営者にとっては、いままで後回しにしてきた「人」の部分にしっかり向き合わないといけない時代になります。

仕事を大切にするのはもちろん、家庭と仕事の両立をできる時代、

病気や障害を抱えた人も仕事と両立できる時代、

AiやITを活用して、人間らしい時間を持てる時代・・・

それぞれの企業が、しっかり利益を出しながら、それらを実現できるようにしたいものです。

ただ、右肩下がりの現状で、それを成し遂げるのはたやすいことではないでしょう。

はたけやま事務所では、そんな前向きな企業様をさまざま視点から全力でサポートしてまいります!

令和の時代も、企業様と共に奮闘するはたけやま事務所を引続きよろしくお願いいたします!

それでは!