すごいぜ!マッスルスーツ!

おはようございます

水戸市で開業する中小企業診断士社会保険労務士はたけやま事務所 畠山佳樹です。

昨日はお客様のところにマッスルスーツが届いたというので見学に行ってまいりました!

マッスルスーツとは、イノフィスさんの商品で空気圧の力を使って持ち上げる力をアシストしてくれる機械のことです。

こちらの商品の秀逸なのは、電気を使っていないので、災害時でも、どこでも活用できるというところ。

しかも、一台50万円と安くはありませんが、他の商品に比べたらかなりコストパフォーマンスが高い商品になっています。

私は決してミーハーな人間ではありませんが、そのアシスト力が20kgあるとのことなので、試させていただきました。

このケースは25kgあるので重いですが、マッスルスーツを装着していれば膝を屈めなくても、腰を痛めることはありませんし、非常にラクでした!

すごいぜ!マッスルスーツ!!

(ハズ◯ルーペの渡辺謙風に笑)

さて笑

こちらのマッスルスーツは介護業界では一番導入されているそうですが、それも納得ですね。

労働力不足が深刻化する日本において、高齢者や女性の活躍が欠かせません。しかし、事故や怪我への対策ができないと経営者としては安心して働いてもらうことはできませんし、働く方も難しいですよね。

そこで、こちらのマッスルスーツのような設備投資があれば、その不安を見事に解消してくれますので、非常に有効です。

今後、重量物を扱う建設、農業、卸売などなど、同様の課題をかかえる様々な業界で導入が進んでいくことでしょう。

皆様の会社でもいかがでしょうか?

それでは