セミナー登壇

おはようございます

水戸市で開業する中小企業診断士社会保険労務士はたけやま事務所 畠山佳樹です。

2月4日火曜日、水戸市内のホテルにて、一社茨城県私立幼稚園・ 認定こども園連合会様主催の研修会に登壇させていただきました。

100名もの理事長先生、園長先生がご参加されました。

会場後方から(筆者撮影)

内容としては、

前半が

1. 働き方改革の全体像

2. 労働時間判断のポイント

3. 残業時間の上限規制

4. 有給休暇の5日間付与義務

5. 同一賃金同一労働

後半が

1. 人手不足の現状

2. 労働時間の削減に向けて

3. ハラスメント対策の強化

4. 活用したい助成金

という構成でした。

主催者さまが取られたアンケートによりますと、大変ご好評だったとのこと!(感謝感激)

もちろん、アンケートは講師や主催者への労苦を労う気持ちから、甘めの採点になるのが常ではありますが、ありがたいものです。

手前味噌ながら、保育士・幼稚園教諭さまの事例、他園の事例をかなり盛りこみましたので、気づきを得ていただきやすい内容だったと自負しております。

作成にはかなりの時間を要しましたが、皆様熱心にきいてくださいましたし、私が笑いをさそった各種ポイントでしっかり笑ってくだって(!)、そちらの意味でもやり甲斐がありました笑

真面目な話をすると、幼稚園・子ども園様の業界も深刻な人手不足、従業員さまの労働に対する意識の変化、働き方改革対応等で従来型の労務管理では対応できなくなっている印象です。

働く従業員様の満足度向上は、最後は子ども達へのサービス向上に繋がりますので、今回ご案内した外部環境の変化や他社事例等々を参考に、それぞれの園で今まで以上に働きやすい環境づくりが進めば、わたしとしてはこれ以上嬉しいことはありません。

それでは!

前の記事

社労士賀詞交換会