弁護士岡崎教行先生の新刊いただきました!

こんにちは

水戸市で開業する中小企業診断士社会保険労務士はたけやま事務所 畠山佳樹です。

私たち士業は情報を入手するために、日々、専門誌や書籍等をかなり購入しています。

その中でも私が最大手と思っている日本法令さん。

そちらのビジネスガイド等を定期購読し、そこで紹介されている書籍やDVDはほぼほぼ購入しています。

その日本法令からDVDや書籍を何冊も出していらっしゃる東京の労働関連にお強い、岡崎教行弁護士から新刊が出ました。

ちょうど、欲しい内容の本でしたので、購入しようと思っていたところ、

なんと!

岡崎教行先生より発売前にご郵送でいただいてしまいました!\(//∇//)\

ありがとうございますm(_ _)m

そもそも、

東京の有名弁護士と、地方の社労士がなぜ知り合いなのか?

話すと長くなるのですが、

私が中小企業診断士に合格した際に、大変お世話になった受験生応援ブログがあります。

中小企業診断士 一発合格道場 https://rmc-oden.com/blog/

私は、受験前にこのブログにたまたま出会い、ここの無料セミナーや毎日更新されるブログのおかげで合格することができました。(完全ボランティアで運営されています)

その年に、まさに一発合格した私は、合格後の一年間、約10名の合格同期とブログ投稿と東京でのセミナー開催などを行ってきました。

かなり大変でしたが、その経験のおかげで、こうしてブログを書いております、感謝。

余談ですが、当ブログでは、2次試験後の打上げを試験科目4科目(事例ⅠⅡⅢⅣ)になぞらえて、事例Ⅴと呼びますが、これは私の命名です。

久々にブログをのぞいたら、今もその表現で飲み会やっていました笑

さて、岡崎教行先生は、珍しいことに、弁護士でご多忙にもかかわらず、中小企業診断士を受験して合格された方で、私の数年前に一発合格道場でブログ等を執筆されていました。

当時、岡崎教行先生の診断士ブログエピソードで有名なのは、苦情の書き込みに対して次々と論破したという伝説もお持ちですが、診断士結果を開示請求したというのが有名でしょう。

診断士の2次試験は筆記試験なのですが、合格か不合格かしかわからず、翌年の受験対策がしずらいという受験生全体の悩みがありました。

岡崎教行先生は、その長年の診断士試験最大の疑問に風穴を明けるべく、

開示請求を行う方法を見つけ出し

2次試験の採点結果(科目別内訳点数、合計点数)を公表させることに成功!

多くの迷える受験生を救済されました!

そんな岡崎教行先生とお会いしたのは、昨年?の一発合格道場の10周年記念パーティーでした。

そこで情報交換をさせていただき、先生の書籍やDVDの話で盛り上がりました。

そういうご縁でございました。

遅ればせながら、著作の内容ですが、

コロナにより経営難に陥る企業が今後増えると予想される中、従業員の整理解雇等に踏み切らざるをえない企業もあるでしょう。

その際に、経営者にとって最適解を見つけ出せる良書です。

私もこちらを熟読し、今後増えるであろうご相談にしっかり対応して参ります。

私はいただいてしまったので、
みなさんは、ぜひ、買ってください!笑

それでは!

前の記事

関東ブロックPTA栃木大会